tomoの写真生活

ピクトリコフォトコンテスト2011で得たもの




その始まりは、昨年末のお昼休みまで遡ります。


富士山の撮影会に向け、防寒具を大量に買い込んで
帰ってきた私に、山木さん(仮名)が話しかけてきました。


a0235215_19251183.jpg



「なんスか??そんなにたくさん??」


「明後日、29日から富士山の撮影に行くの。
 すごく寒いらしいから、防寒具買い込んできたんだ。」


a0235215_1928419.jpg



「えー??死んじゃいますよ~。大丈夫っスか??」


とかなんとか心配してくれつつも


「じゃあ、撮ってきた写真、休み明けに、見せてくださいね」

って言われてました。






そして、お正月明けの4日。




a0235215_19351084.jpg




「富士山どうでした?寒くなかったっスか?
 写真はいいの撮れました?」



「うん!棚ボタ写真が撮れたの~ ♪ ほら!」









!!!!!!!!!!!!!!




こ・・・これはっ!!!





a0235215_1939545.jpg







コンテストに応募
しましょう!!!!!



富士山写真 コンテスト(検索)

あ、締め切り終わってる!

富士山 写真 コンテスト(検索)

あ、山梨県で撮ったもの限定か!

富士山 写真 富士宮市 コンテスト(検索)

むむぅ・・・



「・・・・・えっ!?・・・・・ちょ・・・・
 あの・・・・いや・・・・・・それは・・・・」



真面目な山木さんが、仕事そっちのけで、ひたすらコンテストを検索し続けてくれ…。



「で…でもね、コンテストで受賞する作品って
 ちょっと理解不能な領域に到達しているのが選ばれたり・・・ね?
 だから・・・」


と、仕事しながら説得する事2時間。



「あああああああ!!!!!!!
 ありました!!!!!!!!!
 まだ、締め切りに間に合う
 写真コンテストがぁ!!!!!」




応募券を印刷して、渡してくれました。



「1等賞ですよ!!!
 ぜったい!!!」



熱いなぁ…
山木さん。


気乗りしなかったけど、山木さんの熱さに押されて


「じゃあ、もしも1等賞取ったら、係のみんなで飲みに行こうか…」


と、応じることにしたのです。





そうして応募した写真は、1等賞ではなかったけれど


「三菱製紙賞」


という賞を頂きました。



a0235215_19541123.jpg




お蔭様で、とても貴重な体験をさせていただくことができ
山木さんにはとても感謝しています。


山木さんは、本当の名前ではないし、このブログの
存在も知らないのですが、感謝の気持ちを込めてこれを書きました。






授賞式には、師匠の川合麻紀先生も来てくださいました。


a0235215_1958489.jpg



もちろん私のため…


な訳があるはずもなく、ファミリー部門の審査をご担当してらっしゃったからであります。


もちろんスピーチは、ファミリー部門受賞&応募作品に関するコメントであります。



それでも会場で私を見付けてくださり、なんと!!!声を掛けてくださいましたヽ(^o^)丿


調子に乗って、作品の前での記念撮影をお願いしちゃいました。



a0235215_204942.jpg



「えーーー???
 なんでーーー???
 私が撮った写真じゃないのに私だけーー???」


と、戸惑いながら応じてくださった先生。
本当に有難うございました。



そして、この写真を撮るに至るまでにかかわって下さった多くの皆様、
2日間という短い開催期間にもかかわらず
展示を見に来てくださった皆さまにも、とても感謝しています。



こういう人との暖かいつながりが得られるというのも、
写真の魅力だなぁと、しみじみ感じています。


そしてこれから、もっともっと頑張っていこうと決意を新たにするのでした。
[PR]
by tomo-sunsun | 2012-04-25 20:18 | にゅうす